2017年度視察・研修会

 日程:2017年6月14日(水)

 日産自動車株式会社横浜工場

 森永製菓株式会社鶴見工場

 

2017年度の視察研修会は、晴天に恵まれ約14名の参加者と共に、藤沢市民会館を850分に出発し、京浜地区に位置する「日産自動車株式会社横浜工場」及び「森永製菓株式会社鶴見工場」を訪れました。

(1)    日産自動車株式会社横浜工場

https://www.nissan-global.com/JP/PLANT/YOKOHAMA/

日産自動車横浜工場ゲストルームで日産自動車及び横浜工場の説明を受けた後、工場内のエンジン組立ラインと日産エンジンミュージアムを約2時間案内していただいた。

自動車の心臓部であるエンジンは、技術の中心でもあるので海外の関連工場へも輸出しており、機種も多い中で自動化を進めている。今年度のトピックスは、新型シーマ(ハイブリッド)の燃費16.6km/lと新型電気自動車EVリーフとのことでした。

エンジンミュージアムでは、長い技術の歴史を楽しむことが出来ました。

(2)    森永製菓株式会社鶴見工場

https://www.morinaga.co.jp/factory/visit/

エンゼルホールで、鶴見工場では「ハイチュウ」と「ダース」を作っているとの説明を受けた後、長い階段を上り下りして、「ハイチュウ」の自動パッケージラインを主体にガラス越しに見学した。なんと言っても、完璧な衛生管理」が第一で、遠くからの見学ではあったが、お菓子工場を知ることができた。

途中の試飲コーナ及び見学が終わったとの出口での森永製菓販売ショップでの買い物を楽しみました。

多くの会社が、それぞれ特殊な技術を生み出し、生産、品質管理、安全管理に注力していますが、優れた技術で他社に負けない製品を作り出すためには、多くの人の努力が結集することが大切だと思います。世界の中での激しい競争に打ち勝つ技術が、京浜地区でも行われている事を見学することができて、毎年の視察研修会として一同楽しみにしております。

 

 

 

2018年度視察研修会

2018年度の視察研修会は、65()に、キリンビバレッジ(株)湘南工場と高砂香料工業(株)平塚工場を訪問いたしました。

 

930分に藤沢市役所を出発し、10時過ぎにキリンビバレッジに到着、1030分から「午後の紅茶ツアー」で工場見学、12時過ぎに工場を出て平塚で昼食、14時前に高砂香料工業平塚工場に到着、会社概要の説明から香料製造現場を15時半頃まで見学し、16時半過ぎに藤沢市役所に戻りました。

 

研修会参加者は11名で全行程マイクロバスでの移動となりました。

 

キリンビバレッジ()湘南工場では見学コース担当の大久保様、高砂香料工業()平塚工場では総務課の清水様に、大変お世話になりました、この場を借りてお礼申し上げます。